引越しや模様替えで出てくる粗大ごみ、いざ処分する時のノウハウ教えます。

粗大ごみと節約と、生き方について

海外ではリサイクルの精神が当たり前、粗大ごみはまず捨てるのではなくリサイクルします

断捨離やミマリストブームで、今あるものを捨てる生活習慣が注目されています。そのためのハウツー本もたくさん出版され、雑誌も特集を組んでいるのをよく見かけます。これらの本を読んでいるだけで、捨てる生活を実行できていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。もったいないという気持ちが働くのも当たり前のことです。自分が今まで一緒に暮らしてきた生活雑貨と、簡単にはさよならできません。

ですので、粗大ごみはまずリサイクルショップに引き取ってもらうとか、捨てるのではなく、欲しい人にもらってもらう工夫をしましょう。そうすれば、これまでお世話になったものたちへの罪悪感も薄くなり、捨てるためのお金も払わなくてもいいし、結果節約になるのです。

海外ではこういったリサイクルの精神が当たり前となっていて、もらう方も提供する方も対等な関係になっています。節約というよりは、むしろ当たり前の考え方なのです。

ですが中には引き取り手のないものもきっと出てきます。その時には不用品回収を依頼したり、ごみ処分場への持ち込みが、まとめて処分するにはいい方法と言えます。粗大ごみを大量に出す自分について考えてみること、それが節約にもつながるのです。

自分が好きなものを探求し、ずっと使えるものを買うことで心の豊かさにつながる

インテリアもその時の流行があり、また、若いころだと、好みがはっきりせず、どうしてもはやりに乗ってしまったり、経験が浅く、収入も少ないので、安いものを買ってしまいがちです。結果として何年後かには捨ててしまうのでは、この方がもったいないし、かといって気に入らなくなったものを、買った物だからという理由で、いつまでもとっておくのも、気持ちの豊かさに影響してきます。

処分した後に大きなものを購入するときは、前よりも慎重に選んでみて下さい。少し自分の収入には見合わないと思っても、そのために貯金をする楽しみができたと思えばいいのです。いいものをじっくり探して、貯金して購入するのも、ゆとりがあるからこその楽しみです。これからは捨てないものを選んで買っていく、そしてこだわりのインテリアを作っていくと決めて過ごすことも、心の豊かさにつながるのではないでしょうか。

そして本当に自分が好きなものはどういったものなのか、探求していくのもこれからの生活のテーマにもなるでしょう。生活していくことがアートだと言われています。人生は間に合わせの物ではなく、一度きりのものですから、今、そしてこれから、生きていく自分を豊かにしていきたいものです。

最新記事