不用品回収の料金を安くしたいなら相場を知る

自治体の粗大ごみ回収よりも、民間専門業者は料金は高いが時間や運び出しなどサービスがあり融通が利く

引っ越し等で出た要らない物をどこかに持っていってもらいたいと考えた時に、不用品回収サービスを請け負う所にお願いするのが常です。しかし持っていってもらう際はお金がかかります。結構な出費になるので、できるだけ安く抑えたいものです。
安さだけを考えるのであれば自治体にお願いするのが一番です。ただ安い代わりに色々な不便が見受けられます。前の日までに予約を入れる必要がある、回収日時が固定されていて、向こうに合わせなければならない、あくまで持っていってくれる所までしかやってくれず、外に運び出すのは自分達でやらなければならない、引き取りを拒否される物もあるといった点です。

一方、民間専門業者は融通が利きます。たった1点からでも引き取りに来てくれる、24時間対応する、各社独自サービスがあって、お客は好きなサービスを選ぶ事ができる、こちらで運び出す必要がない、引き取り対象が多いという点が長所です。短所は料金が高い所です。しかし融通が利くのはかなり魅力があり、中でも一番大変な持ち運びをしてくれるのは非常にありがたいので、民間専門業者に依頼する人は多いです。

出張費用、引き取る処理品に設定された料金、オプション追加料金など、まずは相場を知ることが大事

民間専門業者に依頼する時に、できるだけ安く料金を抑えたいと考えるならば、まず提示された料金が妥当かを知る必要があります。すなわち相場を知って高く見積もられていないか確認をしておくのが大切です。
民間専門業者の相場は、業者によって差異が見られるものの、自治体よりも倍はする傾向です。倍するのは理由があります。自治体でしたら料金のうち基本となる部分は税金で賄われています。基本料金を払わずに済むため、安いのです。民間専門業者は民間ですから、税金に頼る訳にはいかないです。
基本となる部分とは、出張費用と引き取りに使う車代です。お客宅が事業所から遠いほど、処理品が多くて車両が大きくなるほど高くなります。とはいえ高くても5000円ほどです。それに加えて、今回引き取る処理品の種類ごとに設定した料金を要求されます。冷蔵庫やベッドといった大きめの電化製品や家具は、だいたい6000円ぐらいはします。

あらかじめ聞いていた物以外に引き取る物が発生した時や、想定よりも運ぶのが大変でスタッフ増員や大きな車が必要になった時は追加料金がプラスされます。追加料金は他のサービスを行う場合にもかかります。大きな物をバラバラにする時や、部屋から出す事ができなくてやむを得ず一時的にドアを取り外す時等です。料金は1サービスにつき2000円ぐらいが妥当です。業者によっては運び出しサービスがオプション扱い、別途料金になっている場合があるので注意します。
不用品回収の料金を低く抑えるには、相場を知るのが第一条件です。そして受けたいサービスが無料か、それとも別にお金がかかるのかも把握しておくのも大事です。